ビタミンを多く含む食物

ビタミンは体を成長させるエネルギー源ではなく、健康をバランス良く保つための成分です。
一番耳にしやすいのはA、B、Cといった、ローマ字がつく成分です
成分によって体にもたらす効能も違うので、バランスよく摂取することが望ましいとされます。
ビタミンA成分は皮膚粘膜を強くし、免疫力を高めます。
レバーや卵黄に多く含まれます。
カロチン含有量が高い緑黄色野菜からも摂取が期待できます。
B成分は更に細かく分類されますが、主に代謝を促進する栄養素です。
不足すると体調不良や肌荒れを引き起こします。
多く含む食物として豚肉や魚介類、野菜が挙げられます。
C成分は細胞の健康を保つため、がん予防につながるとされます。
ストレス解消にも効果的です。
野菜や果物類から摂取できます。
カルシウムの吸収を助けてくれるのは、ビタミンDで成分です。
魚類に多いため、食べると骨が丈夫になり骨粗鬆症を防いでくれます。
E成分は体内生成が出来ず、外部摂取が必要なビタミンです。
ナッツ類や食物油に多く含まれ、生活習慣病予防につながります。
他にもナイアシンや葉酸、パントテン酸などビタミンは種類が非常に豊富です。
近年ではサプリメントで足らない栄養素を補う人が増えています。
しかし、飲み合わせによって体に悪影響を及ぼす危険もあるため、食物からの摂取が望ましいとされています。